So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

カバナンスがなっていないから、ついふらふらしちゃうのじゃないのでしょうか。ねぇ。

最近と情勢についてやり取りしています。

なにについてやり取りしているのでしょう。「ガバナンスがないとは」

具体的な記載はかなりむずかしい。

基本的には広そふぃがないのでしょう。

結果があれば原因があるはずだけど、

起がなければ結果がない。「それじゃ、説明になっていない」と仰せですが、起承転結のことですね。

それであの事例は結だけあってきがない。どなたかにとって何か不都合なことが記載されていたのでしょうか。

読み解けなかった人々もいたらしいけど、…。どこと、どこかは記載できません。

あることがどこかの要請だったとしたら、その後、とってかわられちゃつて、記録すら残されていない可能性があるのかもしれません。

起承転結の真ん中が欠如しちゃうでしょう。まして起と結のあいだにはどうしても時間のずれが生じやすいのです。

「冷たきは 因果の律と こころして 行く道なぞる 恙なくとぞ」


どうして裏を取ってみるという簡単な作業ができないでしょう。

相手がある事ならなおさらのことでしょうけど、課題を解決手段を心得ていないらしい。

あぁ、国際機関の外郭団体にかかわる事柄です。何らかの意図で見え隠れしないでもない。

そんな事例が現代史の中には山ほどある。さて、何の事でしょうね。

マスコミの変節もかかわっていたらしい。自社の過去の記事は残されているはずでしょう。それを確認していないのだろうか。不思議な世界があったものである。




「なぁ、そんなことまでチェックされているとは思いもしなかっただろう」

と聞いてみたことがある。

辻褄が合わなくなっちゃうでしょう。二枚舌だけじゃない。

意識的にそのことにかかわってきた。嘘を見抜くために、・・・。

「知らないということは何とまあぁ」的な事柄ですね。

どこぞかに 楚歌のごとき 荒波を 越えたる術の ありやなしやと 

「自らの 道を探れぬ 愚かさは 我の技量の 浅はかなると」

「口先の 安きにおぼれ 行く末や 苦難の道や いずこに開く」

「知と行の 合わさる術や いずこにか さがし探して この道を行く」

「きずかぬは それも身の丈 己がゆえ 何処ぞに結ぶ 因果の律や」

「選択の 綾とは言えど 苦になるも 己が身に降る 嵐の付けと」

時系列でみる癖をつけましょう。

因果律的にみるということでしょうけど、起こったそのことを単体で見るのではありませんね。時間軸上に並べてみましょう。

わが家は推理小説やその類のドラマが好きである。録画しておいては再生してみているらしい。たいがいは事件が起こって帰納的な筋書きになっているはずでしょう。

ときにはちょっと横にずれてみることもお勧めします。複眼的に、あるいはちょっと穿った見方をするということです。そちらにも時系列が存在しています。

物事が突然飛躍しちゃうということはまず起こらないでしょう。ドラマの中では動機が異なったところから見つかって、犯人が違っている事例が良くおきてくるけど、・・・。

「あの決断で正しかったのだろうか」と、「取捨選択だな、つまり、・・・。」ということでしょう。

たった一つの質問でそのすべてが解明できるようなことだって起こらないとも限りませんね。

不連続にならざるを得ないポイントが必ずあるということです。










「その情報って、どこにあるのさ」

「検索の仕方だけじゃないのかなぁ」とか言っても、我々、一般市民がかんたんにアクセスできるようなものじゃないな」

「gpsの画像からでも判断できないわけじゃなかろうに、・・・。」

最近、公開されているまともと言われるニュースでさえ偽ものが混ざりこんじゃっているらしい。何の事でしょう。かねぇ。

情報の出所、日時をチェックして、裏を取ってみることでしょうけど、情報慣れしている報道機関ですらその作業はしているかは知らない。

情報の真偽をチェックしながらインテリジェンスに変える知恵って何所にあるのでしょう。




幾つかの情報とデーターをすり合わせてみましょうか、、ねぇ。

どちらが本当で、どちらかがまちがっていることにお気づきでしょう。

それでもつかなくちゃならないウソってあるのでしょうか。プロパガンダならいざ知らず、・・・。

すぐばれちゃうようなウソはつかないことに限るでしょう。

ある犯人はある事件をでっちあげなくちゃならなくなったけど、ウソを重ねなくちゃならなくなって,しまいには自ら自己矛盾に陥っちゃったらしい。それと似たようなことがあちらこちらで起こっているようです。

幾つかの情報やデーターをすり合わせると一発でばれちゃうけど、・・・。

立体的思考と言いますね。できれば時間をかけていくつかの事例を解析してみてはいかがなものでしょう。やるやらないかは私の責任じゃないでしょう。


わからない人たちですねぇ(裏を取る術り続きです)。

「民事では弁護人とは言わないずら」詐欺が含まれていると刑事事件になるでしょうけど、・・・。

特殊詐欺が横行しているようです。注意しましょう。

時々、電子メールで「訴訟云々」投稿してきますが、その前に郵便で利用明細ならびに請求書なるものは届いていませんね。(手続きを踏んでいないことになりますね。あなたの契約先のプロバイダーさんは、毎月、請求書を送ってきます。それと比較してみましょう。この手続きのないものはすべて架空請求にかかわるものでしょう。つまり、・・・。)

「パラダイム 越えてみなくちゃ 解せなけど 老いの学びの 天秤重し」

おそらく組織的に何台かのパソコンから送付してくるらしいけど、ランダムに、・・・、アドレスだけは掌握しているけど、あなたの住所、氏名、連絡先は特定されていない事の裏返しになるでしょう。




裏を取る術。

ネットニュースの引用です。
未払い料金が…」DMM装うメール、詐欺被害年2億円
朝日新聞デジタル 2/28(火) 18:40配信

「DMM.com」をかたり、「未納料金」の支払いを求めるショートメール=消費者庁提供
動画配信大手「DMM.com」を装うショートメールを送られ、料金をだまし取られる被害が広がっている。消費者庁は28日、「こうしたメールは詐欺。絶対に支払わず、連絡もしないで」と呼びかけた。

(自ら意図的にアクセスしない限り「メールアドレスだけじゃなくて、住所、氏名、連絡先まで開示してのアクセス。)この手のメールは徹底的に無視することでしょう。契約自体が成立していませんね。まずあなたに聞きます。あなたは相手先の住所、連絡先「携帯電話不可」まで承知していらっいますか。)

消費者庁によると、「未払い料金がある。本日中に連絡がなければ訴訟に移る」といった内容のショートメールを送りつけるのが主な手口。連絡すると、通販サイト用のギフト券を購入して番号を伝えるよう指示されることが多いという。

(訴訟手続きに入った言われても裁判所から訴状が届くまでほかっておくことでしょう。「訴状を見ていませんのでなに何しかねますというくらいまで」)

昨年2月以降の約1年間で、少なくとも617人が計約2億円をだまし取られており、被害が拡大しているという。消費生活センターへの相談件数も同期間で約2万4千件にのぼる。同社をかたる詐欺事件では逮捕者が出ているが「様々な犯罪グループが模倣している可能性がある」として、消費者庁は注意を呼びかけている。
朝日新聞社

注(・・・・・。)内はわたくしの記述です。
貼り付け元は表示していますけど、ブログでは表示されないかも、投稿してから確認します。
貼り付け元
前の10件 | -