So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「井の中の 蛙 気付くや 後の祭り」

こんな現象が多々見られますね。

「やがてハブられ 己が身に降る」と付け加えましょうか。

nice!(2)  コメント(0) 

行くところまで行かないとわからないと思うぞ。

なんのことを言っているのでしょうかねぇ。

どちらも、ひくに引けないのでしょう。

その先が見えてこないらしい。よって、ふらふらしちゃうのだろう。「かなり昔からそうだったじゃない」と言われそうだが、気が付いているものやら、・・・。

ヤ―レン、ソウラン。わしゃ、やってられんけん。
nice!(2)  コメント(0) 

習慣が抜けきらないということは学習していないと言えますね。

長い間、それを良しとしてきた習慣がある。なかなか抜けきれないものとしてあったのでしょう。

私でさえ、たばこがやめられない。本数は減らしてはいますが、それと同じことがまだ残っ入るらしい。

さてなんのことでしょう。

三重の円を描いて、その内側から、本能、習慣、学習と入れましょう。学習してその内側の習慣を変えなくちゃ学習したことにはならないらしい。

そして習慣だから何も考えずに行われちゃうのでしょう。
nice!(2)  コメント(0) 

ヘタレ鳥 いずこの空に 飛ぶや 辻褄合わせの 術無きものを

「その時、あなた方は何をしていたのでしょうかねぇ」と聞いてみたくなっちゃうでしょう。

数だけ大きければ良いというものじゃない。

消されちゃつても 気が付かないということはないはずだが、・・・。




nice!(2)  コメント(0) 

よく考えればわかりそうなものだけど、

人的、技術的、時間的、物理的(いずれの後ろに資源が付きます。)が整っていないはずなのに、どうすれば、大それた事業が完結できるのでしょう。

当時の技術では跡形もないように処理していることになっちゃうことはまず不可能でしょう。

物理的に見てもすべての人がそれにかかわってはいられないはずでしょう。事後処理もあるだろうし、・・・。

人ならば休息や生理的必要な時間(食事、睡眠等)が差し引かれなくちゃならないでしょう。
nice!(2)  コメント(0) 

なにを間違えてしまったのでしょう。

事後処理とプロセスでしょう。かねぇ。

つけを払わされているのでしょう。きっと。今日のレベルで、

どちらが先になるかは不明。

あるいは違った手段や方法を見つけ出しているかもしれません。注意深くその意図を探らなくちゃならないでしょう。

抽象的ですみません。なんの事後処理で、何のプロセスであるのかは記載しません。
nice!(2)  コメント(0) 

「大変なことに従事していたのなら,余裕がありすぎるし、何より

時間的な余裕がなさすぎる」

「よほど効率的な道具や薬品類がなければならないはずだけどなぁ。人的資源も必要だろうが、・・・。」

「そんなものあったとは考えられないし、どう見てもつじつまが合わないだろう」


nice!(2)  コメント(0) 

ねつ造の元はカイロからですね。

「海路の日和から」言えるでしょう。腰のベルトが緩くなっちゃことからでしょう。ゆるくなることをしばしばルーズというらしいけど、・・・。

一世を風靡したソックスようになっていたらしい。自らの都合が優先されちゃた様です。

幾つかの情報を立体的に並べてみましょう。何が本当で、何がウソかはっきりするでしょうね。

遇盲が像を撫でて言ったと言われている各々は(壁の様。柱の様。ホースの様)象の一部であって像の全体ではないでしょう。









nice!(3)  コメント(0) 

ネット社会になってウソが通りにくくなっているというのに、・・・。

それでも騙されちゃうらしい。ストーリーが良くできているのでしょう。劇場型とかいうらしい。

裏を取ってみるということができないのでしょう。そのカテゴリーからいったん抜けてみましょう。

冷静な自己を見つけることができはずですね。

探偵さんや、刑事さんたちが良くやっていることですけど、・・・。

「なぁ。あれはウソだぞ」とアドバイスしてもまだ騙されている人を見てきた。何が足りないんでしょうね。
nice!(3)  コメント(0) 

裏表 ひっくり返すと 表裏 転じた先に 何を結ぶと

「振りの子の 極めし先は 反に振れ これが道理と 友や言いつつ」

「恙なく 願いむなしき 人の世の これも定めと 達観しつつ」

「野聖の 達観聞きつ 生きる術 ゲロゲロパッパ ゲロバッバ」


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -