So-net無料ブログ作成

どこぞかに 楚歌のごとき 荒波を 越えたる術の ありやなしやと 

「自らの 道を探れぬ 愚かさは 我の技量の 浅はかなると」

「口先の 安きにおぼれ 行く末や 苦難の道や いずこに開く」

「知と行の 合わさる術や いずこにか さがし探して この道を行く」

「きずかぬは それも身の丈 己がゆえ 何処ぞに結ぶ 因果の律や」

「選択の 綾とは言えど 苦になるも 己が身に降る 嵐の付けと」
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0