So-net無料ブログ作成
検索選択

誠に奇妙な事件に巻き込まれています。

これは真実ですけど、具体的には投稿できません。

「これは、何かありそうだな」と、そうなる前から探偵的に追跡させていただいてきました。

「条件が整いすぎているな」という思いはあった。ある女性の何気ない言葉の中に、そのヒントはあった。

「そうはならないんだってば」というけど、だまされていることすら気が付いていないらしい。

「なぁ。何とかしなくちゃならないのはその頭方だぞ」


逆モチベーションも一つの手ではあるあるけど、

ストレスが半端じゃなくなるな」

「なにくそ、いまにみておれ」と、・・・。

ある方式で自営をしてきました。開業する時点では自己資金ゼロという手法です。

その後、儲けの中から自己資金は捻出しましたけど、・・・。

「そんなことって、できるのか」

「やってきたから、今になっているじゃないのか。いまと違って、締め後、六か月決済で良かった時期がある。もちろん、いただいた手形を裏書きしてメーカーさんに回したこともあるが、・。」

「これなら、開業資金ゼロ、銀行借り入れゼロ。金利負担ゼロだろう」






「そんなこと聞くようなタマじゃないな」(人間になりたかった犬の物語)

齢十九とは、これ以下に、…。(「これ如何に」ですが、下記に記しますという意味にしてあるらしい。世話が焼けますねぇ。)

人間なら番茶も出ばなとか、青春真っ只中とかいわれますが、我々犬年令では百歳越えです。

「マメ。夜起きてトイレをさせたり、水を飲んだりするの止めて、そのたび吠えるのもやめて眠くて駄目だから」とお母さんに言われた。

それを聞いていたお父さんが「そんなこと聞くようなタマか」と言い出した。

「私って、いつからタマになっちゃったのでしょう。しかも、ねこさん様の名前でしょう。炬燵にもぐりこんだことがある。あの時からからかなぁ」

若いころはこんなことなかったのに、齢がそうさせているのでしょうか。




巧言令色に 仁なきことや 鮮なけど なぜにわからぬ 人の世なれば

さも、よさそうなことを言ってくるけど、その多くに仁は無く。

古人の広ソフィーとか。

その場を取り繕っちゃう何人かの人たちを見てきました。この歳になれば、・・・。時間が解決する課題もあるということですね。「ちょっと待て、これで良いかと 思案しつつ」

色々な電話がかかってくるし、アウトロックにもさまざまなメールが来ている。

まずは、シロヤギさんのように食べちゃう事でしょうね。あぁ、童謡の山羊さんの手紙的対応です。そして、クリックしない事でしょう。「さっきの御用事なに」と、・・・。

我が家にはネットバンキングなる口座は一つもない。金銭的なことは一番旧式な方法でやり取りしていると言えるでしょう。

ネットショッピングでさえ、代引きか、コンビニ振り込みで対応している。メ―カーさんへの振り込みはすべて窓口対応です。領収書が発行されなくても振込用紙が残っていることになるでしょう。


「肉じゃがって男の料理よねぇ」

夕べのことである。肉じゃがが食べたたくなるとこう歌いだしちゃう。

「こめ油買ってきてあるからそれにして」また、テレビの影響である。

「米油って十年以上前にお父さんお店に提供していなかったけ、確か缶入りのものだったけど、そのころからわかっていたの」と、・・・。

仕方がない。出番とするか。材料はこれ見よがしにおいてある。

まぁ、いいか。晩酌のつまみにはなるな。動機が不純であるけど、・・・。