So-net無料ブログ作成

命のバランスシート。

かつてのお得意さんだった人のことです。

その家族から地区の区長にと言われているけど、どうしたものでしょうと相談されていた事がある。

一度脳血栓をしていることは掌握していました。「医者の診断書を添えて断れないでしょうか」とアドバイスして置いた。「命を削ることになりますが、・・・。」と、・・・。

結局、区長をした。二度目は脳血管が破裂しちゃたらしい。「それも人生」とあきらめることにした。

あるいは散り際を心得ていらっしゃたのかもしれませんけど、・・・。

とどかなかったアドバイスということにしておきましょう。

都合よく 忘れる頭や 人の世の おのれいずりし そこかしこに

検証する術すら持っていないらしい。人の頭の都合とは、・・・。

自己都合と言うのでしょうけど、どうも、まかり通っちゃっているようです。

辻褄が合わないことになっているというのに、・・・。

「認知症ならいざ知らず」と言う括りだけじゃなさそうである。

どちらかを選べとどれかを選べ。

どちらかを選べは二者択一時の選択でしょう。英語で言うならチョイスということになる。チョイのチョイとはいかなくても、・・・。

どれかを選べは数ある中から選びだす選択になるでしょう。セレクトということになるはずですね。

何れにしても頭を悩ますでしょうね。

どちらも選択しないということもあってよさそうだし、仮病を使って不参加という選択もあるはず、…。おそらく、昌幸公はこの術を心得ていたのでしょうね。きっと、・・・。

来週は十八歳以上が参加する初めての国政選挙ですが、さて、あなたはどうしましょう。この場合は不参加だけは避けたいものですけど、・・・。