So-net無料ブログ作成

結果があれば原因があるはずだけど、

起がなければ結果がない。「それじゃ、説明になっていない」と仰せですが、起承転結のことですね。

それであの事例は結だけあってきがない。どなたかにとって何か不都合なことが記載されていたのでしょうか。

読み解けなかった人々もいたらしいけど、…。どこと、どこかは記載できません。

あることがどこかの要請だったとしたら、その後、とってかわられちゃつて、記録すら残されていない可能性があるのかもしれません。

起承転結の真ん中が欠如しちゃうでしょう。まして起と結のあいだにはどうしても時間のずれが生じやすいのです。

「冷たきは 因果の律と こころして 行く道なぞる 恙なくとぞ」


どうして裏を取ってみるという簡単な作業ができないでしょう。

相手がある事ならなおさらのことでしょうけど、課題を解決手段を心得ていないらしい。

あぁ、国際機関の外郭団体にかかわる事柄です。何らかの意図で見え隠れしないでもない。

そんな事例が現代史の中には山ほどある。さて、何の事でしょうね。

マスコミの変節もかかわっていたらしい。自社の過去の記事は残されているはずでしょう。それを確認していないのだろうか。不思議な世界があったものである。




「なぁ、そんなことまでチェックされているとは思いもしなかっただろう」

と聞いてみたことがある。

辻褄が合わなくなっちゃうでしょう。二枚舌だけじゃない。

意識的にそのことにかかわってきた。嘘を見抜くために、・・・。

「知らないということは何とまあぁ」的な事柄ですね。