So-net無料ブログ作成
永遠の宿題 ブログトップ

F=MA ニュートン力学又は引力の法則、 [永遠の宿題]

そしてこのクラスには永遠の宿題が残されることに成る。

  引力の法則  M1×M2
           R(二乗) 【Rは距離、M1は地球,M2は月 教科の中では。】
 意味があって書いているが、今でも分からない永遠の宿題。45年も経つのに誰も答えていないし、先生の説明では「質量のあるものはすべてこの引力があるのだ。」ということであったが、現代科学がまだ結論を出していない事柄である。
 科学が進歩している現代でもこの種の分からないことがいっぱいある。ある人、たぶん大西豊だったと思うが確証がない、理科の時間彼は一班であった。名簿順に6名ずつ班に分かれていた。
 彼の素朴な疑問「引力はどうして起きるのか。」に誰も答えていないのである。」「先生もこの問題はみんなで考えなければならないので宿題とする。」といっていたようである。法則は発見できているが「どうして引力があるか」は結論がでていないのである。今でも宿題になっているままである。
当の大西もそれ以後この件に触れることはなかった。結論が発表になったとき書き記さなければならないために少しのスペースを余白としておこう。

【この星の悲しき法則重力や悩みし乙女の数やおおかり】【ダイェツトブーム】「歌サイエンスより」

余白の持つ意味。引力に関する新たな説が出てきた時のために余白としておく。

「ノーベル物理学賞がビックス粒子の存在を予言した二人の人に決まりました。多くの科学者がその発見に尽力された様です。そして、それを支えた技術者の努力の成果でしょう。これで引力も説明できるのかも知れませんね。何より人間がこの体つきでいられる事にも関わる事柄ですので、・・・・・。」



                                     」

永遠の宿題 ブログトップ