So-net無料ブログ作成
検索選択
【(ゆち)サウスポーで活躍する。】 ブログトップ

バレーボールのクラスマッチで優勝する。 [【(ゆち)サウスポーで活躍する。】]

女子は陸上や他のラスマッチで何回か優勝しているが、このクラスの男子は優勝したのは後にも先にもこれ一回きりである。当時はまだ9人制のバレーボールであり前衛は大西、久雄、増田豊、中衛は私、三男、寺島、後衛が、恒雄、健次郎、正の布陣だったと思うが、拾ったボールを久雄に集めてゆちのアタックと相手が返してくるボールを豊の長身でブロックするという作戦が幸をそうして総当たり戦で全てのクラスに勝利することが出来た。

この作戦は実は先生の作戦ではなく【この時先生はもっぱらカメラマンに徹していたと思える。】5組の担任花岡先生の真剣なアドバイスのおかげであり(花岡先生が私たちに円陣を組ませて作戦を伝授した。)、両方の豊が活躍によるところが大きかった。もちろんバックの連中の活躍があって二人が輝いたということである。

また、センター線は恐らく運動能力のある寺嶋と健次郎がいた。しかし私は立て続けにふたつ失敗をした記憶があり、高いサーブに飛びついてしまった【実は余分なことを考えていた。集中しないのが私の悪い癖である。このことはコミュニケーション論のところで詳しく書いている。】ことで点差を追い詰められたものの一致団結して勝利したのである。

そのときの写真が試合のときを含めて二枚ほど残っている。勝利の記念に撮ったものである。ちなみにこの時の女子チームは準優勝であった。もうちょっと頑張ってアベック優勝と行きたかったのだが残念である。

しかし、陸上などで毎年のように優勝していたので肩身の狭かった男子もこれでほっとしたものと思われる。後日優勝の盾が届き黒板の上に飾られて、給食の時間に先生も「これで男子もようやく女子に面目が立つたなぁ。三年になってようやく女子に肩を並べたというものだ。」といっていた。

【ここにバレーボールの写真を入れる】【記念写真と四組との対戦のものはあるが、チップ果CDに取り込まなくちゃならない。】


【(ゆち)サウスポーで活躍する。】 ブログトップ