So-net無料ブログ作成
検索選択
その悲しい体験 ブログトップ

なぜこんな記事を投稿しているかというと [その悲しい体験]

実は、後半部分の記事(あとがき以後の記事)を投稿しているのかと言う理由の一つにはある人の命を救えなかったという原体験がある。

自殺してしまったのだ。その危険性は察知していたけれど、・・・。本人に言うわけにも行かない事柄である。その人の名誉に関わるので名前を挙げるわけには行きません。そして、最近、簡単に人をあやめてしまう事件が多発しています。自らと自らの子どもたちがそうならないためにもという想いがある。ああ、あの時という悔いを残さないように、・・・。

仕方がないので、既存のプログラムを使ってもらう算段をした。その頃まだ「夢ナビノートやズクの種」は完成していなかったのだ。しかし、理解されなかったということだ。私の説明が未熟だったかもしれないけれど、・・・・。受け取るべき感性が不足していたのかもしれない。


学業は優秀だったし、それなりの資質は備えていた。「危険だなぁ。」と感じたのはその責任感の強さである。

自殺した原因は今でも不明だ。思い当たることがないのである。か、といって精神的に病んででいたわけでもない。

自分は今どこに居て、何処へ行こうとしているかと、プライオリティーさえしっかりしていれば、そして、どうやってということさえ身に着けていれば最悪の事態だけは防げたと思っているしだいです。




その悲しい体験 ブログトップ