So-net無料ブログ作成
検索選択
街角授業 ブログトップ

教科書にはけして載っていない授業 [街角授業]

若い頃。名古屋で過ごしていたことがある。当時、第二の繁華街とされていた今池の北側で友人と喫茶店で待合をしていた。

私のミスで時間を間違えて一時間以上早くついてしまったのだ。あいにく込んでいた。相席をした老夫婦とのやり取りである。

私がある高校の学生服を着ていたので親しく話しかけていただいた。その人はある大学の教授をしていたものと見受けられる。実に紳士的であった。どんなやり取りをしたかは覚えていない。

「本当の友人は耳障りなことでも指摘してくれるものだ。そういう友達を何人も作ることだ。」と教えていただいた。彼にとって何のメリットもないじゃないか。最初から、取り入ってくる人たちはまず警戒してかかれ。」とも付加えていた。
「自分の利益が満たされなければそのうちにいなくなるものだ。」

それ以来、この教訓を生かしてきた。

「もっと付加えさせていただけば、お前さんの目の前では面と向かって忠告できない人たちがいる。その人たちはしばしば暗号という形でアドバイスしてくれる。それを読み解く感性を磨くことだ。」
「けして、学校や教科書では教えてくれないことだなぁ。」と感じていた。

これを街角授業という。友達が着たので懇切丁寧にお礼を言って分かれた。「お前知り合いか。」と聞かれたが、「たまたま込んでいたので相席させていただいたのだ。」とだけ答えておいたが、なんと暖かな授業だったのだろう。

今でも時々、このことを思い出す。
街角授業 ブログトップ