So-net無料ブログ作成
危険半径の向こう側にいたる海図 ブログトップ

トリーガーポイントは [危険半径の向こう側にいたる海図]

劇画「ゴルゴ13」は引き金を引く「トリーガーポイント」を寸分の間違いも無く追行できるようです。

おそらく、自然災害も、そのようなポイントがあるのでしょう。

そして、この記事は「クリエイテブ・ライフ」の「参考資料」の説明になっています。

今回は、自分のブログを横に使用しています。「縦縦、横横、丸書いて、チョン」と言う具合です。

記事の文面をそのまま信用するとして、今回の地震のトリガーポイントは、どうも、2005年宮城県沖で発生した地震ではないかと推測している。

ひずみ(矛盾)を溜め込んでいたらしい。「原因の無いところに結果は無い」と言う因果律のことです。

このトリーガーポイントを見極める鋭い感性が求められているようです。

そして,Xデイまでの6年ないし4年(新聞の記事では)の歳月があった事になります。

地震は自然のことですが(地球の都合とでも言うのでしょう。こちらはどう見てってとめるわけには行きません。)、その時間に何ができるのでしょう。こちらは人間の側のことになります(そうなったときに、最小のミスで済ませる方策があるのでは、災害に伴う人災的な側面のことです。)。

そして、過去、現在、未来(因果律といえなくも無い)の続きです。

「ずくの種」又は「夢ナビノート」に関して [危険半径の向こう側にいたる海図]

このブログの中に御座います「危険半径の向こう側に至る海図」とは「ずくの種」又は「夢ナビノート」のことです。

既に多くの人が気がついていらっしるものと思っております。

尚、「ずくの種」に関しましてはその大部分を「クリエイテブ・ライフ」の中に投稿させていただいております。

お手数では御座いますが、そちらにアクセスいただきますようお願い申し上げます。

私の口の悪い友人に「日本、広しといえども、ブログの何本かを同時に立ち上げて、縦横むじんに使っているのはお前ぐらいなものだ。不思議な玉手箱のハンドルネームを「ひろし」に変えたほうがよいぞ。」といわれております。


危険半径の向こう側にいたる海図 ブログトップ