So-net無料ブログ作成
脱線授業は ブログトップ

「学際」と言うことになる [脱線授業は]

中学生時代にしばしば起こしてきた「脱線授業」は、最近では「学際」と言うことになるのでししょう。

専門が違う分野の研究者が共同することで新たなものが見えたり、生まれたりすることらしい。

産業界には大手のしないことを見つけ出して生業にしている会社がある。ニッチ産業といわれている。
それでいて成り立っているようだ。

最先端や研究所のレベルにはとうてい及ばないものの、その精神的な体験は共有できる。「囚われないこころの状態」とでも表現しておきましょう。

一般的な生活のレベルではそれなりの発想にはなっているものと思われる。

社会全般が閉塞感で充満している。そんな状況を打破できる道筋こそ学際的な発想とニッチ的試みによってもたらされるのではないかと思っております。

ただ、この国では、なかなかベンチャー的なことが認められないい風土があるやも知れません。


脱線授業は ブログトップ