So-net無料ブログ作成
選択の妙 ブログトップ

ベアの理論または因果応報 [選択の妙]

ペアになっているものに、ボタンとボタンホールがある。

ひとつの穴を掛け違えただけで、変なものになる。「ボタンの掛け違い。」という現象のことです。

若い人たちにとっては先進的なフッションと言うことになるかもしれません。

「取捨選択だな、つまり」の続編であり、因果律という範疇に含まれる事柄でしょう。

 「選択す 選んだ先に 課題あり」因果応報

簡単に言ってしまえば、先のボタンの話に戻ってしまう。何も難しく覚える必要はない。

応用するには簡単に覚える事に限る事をモットウにしてきた。

そして、「原因のないところに結果はない。」ということだ。常にペアになっている。

それを証明するのが科学の領域ではあるが、・・・・・・・・。

それだけでは説明しきれない領域が残ってしまうのだ。


選択の妙 ブログトップ