So-net無料ブログ作成
玉を拾う屑篭とその手法 ブログトップ

「ずくの種」と玉を拾う屑篭とその手法について [玉を拾う屑篭とその手法]

「ずくの種」は「玉を拾う屑篭とその手法」そのものです。両方を比較していただきますとよく理解できるはずです。

順序を並べ替えているのと「夢」や「目標」に利用しているだけのことです。

ですから「ずくの種」は「アイデアがわいてくるゾウ」にも応用できますし、組織の目標にも、政策上の決定にも係われるということです。

どちらにも、図式化して見るという作業が含まれています。

図式化することで、目標が鮮明になったり、迷わなくなったりするという効果が期待できますし、アイデアにおいても、イメージが鮮明になってくるはずです。

人は言葉で連帯していますが、Aの言っていることが、Bの頭の中にはずれたイメージになってしまうということがよく起こる。まして、先入観を持っていればなおさらである。




玉を拾う屑篭とその手法 ブログトップ