So-net無料ブログ作成
検索選択
認知症家族の事件簿より ブログトップ

エントロピーの法則 [認知症家族の事件簿より]

イチゴムースなどの甘いケーキをふたつも平らげておいて、まだ甘いものを食べようとしているので女房が「そんなに甘物を食べて大丈夫か。」「ご飯を食べればよいものを」というものの、夕飯に寿司を二貫は平らげてある。

「そんなものばかり食べていると病気になるよ。」体がカロリーを要求しているのだろうか。恐らくカロリー的にはそんなに多くはないが、代謝する為のほかの栄養成分が不足している可能性がある。

恐らく、ビタミンB群は足りていないはずである。

甘いもの「糖質」にはB群を配合してあれば年寄りでも若い人にも親切であると考えられるがそのようにはなっていない。

体の中で不完全燃焼状態になって、空気の行かないストーブの状態になっていると判断しているが、人間も高齢になるとエネルギーのロスでも起しているのだろう。

ミトコンドリアのATP産出能力に係わることです。

車でさえ年数が進めば燃費は落ちてくるが、エントロピーの法則はこんな所にも・・・・・。

認知症家族の事件簿より ブログトップ