So-net無料ブログ作成
検索選択
失敗学 ブログトップ

人の世は 常ならざるを 常として [失敗学]

この表題は自らへの警句として「歌 ミュージアム」に投稿済みのものですが、「想定外を想定内にする手立て」あるいは「危険半径の向こう側に至るための海図」の続きでもあります。

そのようなスタンスで、多くのことを分析してきたつもりです。「傾向と対策」のことでありますが、自分の関心のあるものに限定しています。

ずくの種の中にも納められています。(私のブログはいくつかの間を自由に行き来しています。)

このほど、失敗学の権威であります。畑村洋太郎氏が(「想定外」を想定せよ)という本を出しました。大震災の前後を調査して失敗を教訓に変えようと言うものでしょう。詳しいことは、そちらを読んでいただきたくお願いします。

そして、杉良太郎氏が「今さら、想定外といわれても」という趣旨の事を新聞紙上に掲載されていました。
(参考文献、中日新聞)

興味のある人は、このブログの前の方に「ジャンボを釣った人々」(フィクション)があります。そちらも目を通していただきたくおもっています。
失敗学 ブログトップ